バドミントン専門店

頑張らないバドミントン研究会ロゴ
  • 閲覧履歴
  • 閲覧履歴
  • お気に入り
  • お気に入り
  • {@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
    {@ member.active_points @}ポイント

 

  • ラケット
  • シャトル
  • ガット
  • グリップテープ
  • ノックマシン
  • 関連商品
  • バドミントン上達DVD
  • バッグ
  • ガット張り機
  • シューズ
  • ウェア・ソックス
  • アクセサリー
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
GOSENアパレルクリアランス 風神雷神シャトル復活 school_only.jpg SALE
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510
ゴーセン ハイブリッドシャトル 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN  GHS-510

耐久性とコストパフォーマンス ゴーセン ハイブリッドシャトル ガチョウ羽根 練習球 バドミントンシャトル GHS510 GOSEN GHS-510

当店特別価格 ¥ 2,750 税込
【この商品を購入すると 25 ポイント進呈 】
スピード番号
  • 3番(23℃-27℃) 在庫切れ
  • 4番(18℃-22℃)

離島のお客様は別途送料が必要となります。
くわしくはこちら

バドミントンのことなら何でも聞いてねお電話はこちら 配送について お支払いについて 返品について

名称 GHS510
メーカー GOSEN(ゴーセン)
定価 2,750(税込)
数量 1ダース(12個入り)
その他 羽根:天然水鳥羽根(ガチョウ)
スカート部分:ナイロン成型スカート

耐久性とコストパフォーマンス

ghs510 ハイブリッドシャトル ghs510 ハイブリッドシャトル ghs510 ハイブリッドシャトル ghs510 ハイブリッドシャトル ghs510 ハイブリッドシャトル

 

マニアックなお話し。ハイブリッドシャトルについて

ガチョウ羽根 GHS510 アヒル羽根 GHS310
ghs510 ハイブリッドシャトル ghs510 ハイブリッドシャトル
   

2023年7月にGOSENからハイブリッドシャトルが2種類発売されました。
GHS510は、耐久性重視のタイプ、GHS310はコスパ重視のタイプです。
510は、従来他社より販売されていたハイブリッドと同じ仕様です。

このシャトルは「3in1」というブランドでこの会社が特許を取っているため、
日本で販売されている全てのモデルに「3in1」の表示が義務付けられています。

GHS510のスペックは、「ガチョウ」の「ほうとう羽根」を使用しています。
写真でご覧のとおり、羽根の軸が少し湾曲しているのが確認出来ると思います。
この「湾曲」により、飛行時に微妙にシャトルが揺れます。
私も体育館で試打して確認できました。

一方、GHS310というモデルがあります。
こちらは、「アヒル」の羽根を使用しています。
写真からお分かりのように、羽根が真っ白で軸もまっすぐです。
「アヒル」の羽根を使った、ハイブリッドシャトルが今回発売されました。

なぜアヒルなのか?これは私の個人的な想像ですが・・・

通常、シャトルは「ガチョウ」が丈夫ですので、高級シャトルや検定球には、
「ガチョウ」が使われ、安い練習球には「アヒル」が使われます。

ところがです。

このシャトルに関しては、スカート部がやわらかいナイロン製になっています。
これにより、通常のシャトルより、衝撃を吸収しやすく、壊れにくくなっています。

と、いうことは、わざわざ「ガチョウ」を使わなくても、ある程度の耐久性は
「アヒル」でもキープ出来るのではないか?と考えたのかもしれません。?

加えて、510タイプは「ほうとう羽根」ですので、揺れが生じます。
310タイプは、揺れずに飛びます。

さぁ、どちらを選ぶか?ですね。

価格は310のほうが安いです。

どちらの人気が出るのか?
私も楽しみです。

みなさんも一度使ってみてください。

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

頑張らないバドミントン研究会
バド研マスター

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

実際にご使用になられた感想をいただきました。

ghs510 ハイブリッドシャトル感想 ghs510 ハイブリッドシャトル感想 ghs510 ハイブリッドシャトル感想 ghs510 ハイブリッドシャトル感想

ghs310 ハイブリッドシャトル

15000円以上お買い上げで送料無料

シャトルを買って引換券を集めると、ミニラケットもしくはDVDをプレゼント!!

相談0円キャンペーン

 

中古シャトル買い取りキャンペーン

注意事項

  • ※表示の在庫数は、当店保有の在庫ではなく、メーカー在庫です。
    オリジナル商品以外の商品は【取り寄せ商品】です。ご注文後にメーカーへ在庫確認・手配をさせていただきます。
    メーカー在庫がある場合、土日祝日を除いて最短3日で発送。 在庫がない場合・入荷にお時間がかかる場合は、別途弊社よりご連絡させていただきます。 あらかじめご了承ください。
    ※入荷時期に関しましては、ご注文後に当店からメールでご連絡いたします。
4.50
2
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    エアロセンサー400と比べると飛距離や打球感に若干の違和感はありますが、それを差し引いたとしてもこのお値段は破格値です。 練習球にありがちな途中で1本や2本羽根が折れる事も無いので基礎打ちの時もまだ使えます。
  • 購入者
    兵庫県 60代 男性
    投稿日
    天然素材と合成樹脂の組み合わせがどんな感じかと興味を持って購入しました。 実際に打ってみたところ、昔のナイロンシャトルにあったような重さを感じることなく、水鳥のシャトルコックと余り違いを感じさせないものでした。 同時に購入した「ほぼ検定球」と比べれば、打ち心地に違いはあるものの、自分たちのやっているサークルのゲームぐらいでは十分に使えるものでした。また、羽が簡単に折れることもなく、腰の部分も潰れることがないので、耐久性も十分ではないかと思います。 今回はガチョウの羽だったのですが、説明によるとアヒルの羽の方が耐久性を考えなければ良いかも?ということだったので、次回はアヒルを使っても用かとも考えています。(もっと安いですし) 全羽製に比べるとかなり価格が違うので、シャトルコックの価格が上がっている今、なかなかありがたい物ではないかと思います。

レビューを投稿していただくと50ポイントプレゼント

レビューを投稿していただくと、レビュー1件につき50ポイントをプレゼントいたします。

レビューの投稿方法

商品詳細ページの「レビューを書く」をクリックしてください。
ニックネームをご記入ください。
おすすめ度を5段階から選択していただき、本文に商品の感想やご要望をご記入ください。
よろしければプロフィールをご記入ください。
※レビュー投稿は、1商品につき1回ご記入いただけます。

おすすめ商品

前へ
次へ

TOP