シャトルの選び方

いつも新しいシャトルで練習できたら気持ちもいいし、また高価なシャトルほど打球感も良くて長持ちします。

逆に、安価なシャトルはコストパフォーマンスには優れていますが、やはり打球感も頼りなく、練習で使っていてもすぐに羽根が折れたりするので頻繁に交換しないといけなくなります。

結局、高くついてしまったりします。

もうひとつ忘れてはならない点があります。

良いシャトルを使って練習することは、バドミントンの上達にも関係してくるということ。

使い古して変形してしまったシャトルや、羽根の折れたシャトル、何度も打って羽根が毛羽立ったり、短くなったりしたシャトルを使って練習していませんか?

予算が少ないのは理解できますが、ボロボロのシャトルでは、微妙な力加減がつかめなくなります。

特にカットやスピンネットなどの回転系のショットは練習にならないでしょう。
また、スマッシュを打てば猛スピードが出て、クリアーを打てば、ホームラン。
みたいなことにもなりかねません。

クラブの予算と技術、練習量などを考慮し最適なシャトルを選んでください。

こればかりは、色々なメーカーのものを試さないと分かりません。
良いシャトルに巡り会えれば、練習も楽しくなり技術もアップすることでしょう。

メニュー