頑張らないバドミントン研究会ではカンボジアの支援を行っています。( 2014年)

バドミントン専門ショップ。動画、ラケット、シャトル、バッグ、DVDなども紹介。

送料全国一律650円(※北海道・沖縄を除く) 16,200円(税込)以上のお買い上げで送料無料 スピード納品が自慢です!正午までのご注文は即日出荷

  • ラケット
  • シャトル
  • ガット
  • ノックマシーン
  • ウェア
  • 関連商品
  • バドミントン上達DVD
  • バッグ
  • ガット張り機
  • シューズ
  • ソックス
  • アクセサリー

SPRING SALE最大60%OFF

パッケージ訳あり!だから販売予定価格2300円+税を2100円+税で販売!!

はじめてバドミントンをする方へ

中古シャトル買い取ります!

LINE@badken

バドミントン専門中古買取ショップ「バドミントン買取市場」始めました

クーポン取得はこちら

「好き」な「スキマ」で楽しく稼ぐ「新」副業・起業術

自作DVDで年商6500万円稼ぐ方法

シャトルを買って引換券を集めると、ミニラケットもしくはDVDをプレゼント!!

ブログパーツ

バド研ブログ

学校・団体様向け お得な大口注文受付中

SSLサーバー証明書

  • TOP
  • >
  • テラルネッサンス×頑張らないバドミントン研究会

第8回「頑張らない」バドミントンチャリティー大会の支援結果ご報告

裁縫技術訓練完了

2014年6月に大阪・なみはやドームで行いました第8回「頑張らない」バドミントンチャリティー大会にご参加頂いた皆様のおかげで、カンボジアの女性達が裁縫技術を習得、それぞれがお店を開き収入を得られるようになりました。
この度、NPO法人テラ・ルネッサンス様からご報告が届いております。

伝統衣装製作技術訓練が完了!

カンボジア、バッタンバン州のタイ国境近くにあるロカブッス村。

多くの地雷が埋められたこの村では、2010 年に地雷撤去が行われ、ようやく安心して生活を向上させる環境が整ったとこ
ろです。

地雷は撤去されても、生活を向上させるチャンスは限られていた貧困層の村人達。

第8 回頑張らないチャリティ・バドミントン大会からのご寄付で、この貧困層の村人たち7名に、クメール伝統衣装の製作技術訓練を実施し、自らの努力で立ち上がるチャンスを提供することができました。

頂いたご寄付で訓練に必要な生地や材料、道具を購入し、7名の訓練生達は、2014年9月に無事訓練を修了し、それぞれが自宅でお店を開くことができています。

なぜ伝統衣装の製作技術訓練をするのか

■伝統衣装は製作技術をもつ人が限られ、1着あたりの利益も多く見込まれます。

カンボジアの伝統衣装

カンボジアの伝統衣装の製作技術を持っているのは、限られた人たちだけ。
村内はもちろん近隣の村にも、伝統衣装の製作技術を持った人はいませんでした。

1着100ドルから高いものは500-600 ドルもする伝統衣装は、すべてがオーダーメイド。

特に結婚式や仏教行事、伝統行事等に女性達が煌びやかに着飾る晴れ着。
高い値段にも関わらず、誰もが一着は自分用の服をほしいと思うもの。
お金持ちともなれば、招待された結婚式ごとに、新しく作り直す人もいるほどです。

カンボジアの結婚式シーズンである乾季(11 月−4 月)に、多くの注文が入り、1 着ごとの利益も多く見込まれます。

伝統衣装を縫う手伝統衣装は、一つひとつがオーダーメイド、ハンドメイド。

訓練生たちはお店を開く

伝統衣装の製作技術訓練の最後の月であった9月には、10月からの開店の準備も進めていました。

そのひとつとして実施したのが、訓練生自身が訓練で使った布切れをつなぎ合わせてパッチワークで作ったお店の看板。

それぞれオリジナルの看板ができ、この看板をお店に掛けることによって、テーラーのお店であることを知ってもらえます。
また自分で工夫して作り替えたり、修繕ができること。お金もかかりません。
そして、訓練生たちは感謝の意味を込めて、ご寄付頂いた頑張らないバドミントン研究会の「GANBARANAI BADMINTON JAPAN 」の文字を大きくそれぞれの看板に入れています。

■第一号のお店、チャン・トォーンさん

希望のお店

訓練終了後、第1号のお店を開いたのはチャン・トォーンさん。

飼っていた牛を売り、そのお金で家の前に小さなお店を建てました。

村にはこれまでテーラーのお店はなかったため、ほとんどひっきりなしに注文が来ているそうです。
以前は畑仕事で日当を稼ぐしか道がなかったとい言います。
今は、農作業で稼ぐことのできる1日20,000 リエル(約5ドル)ぐらいを平均で稼ぐことができ、
11月以降から始まる結婚式のシーズンである乾季には、伝統衣装の注文が多く入り、さらに収入向上が期待できます。

■高床式の家の下にミシンを置いて、お店を開いたチュオン・ソムナンさん

自分で稼げるのが嬉しい

高床式の家の下にミシンを置いて、お店を開いたのはチュオン・ソムナンさん。
2 人の幼い子ども達の面倒を見ながら、家でミシンに向かいます。

2014 年10 月現在、月20 名ほどのお客さんが注文しにきているとのこと。

お客さんのほとんどは村の人たちですが、なかには隣のプノム・コイ村から注文に来る人もいるそうです。

『ようやく自分で稼げるようになって、とても嬉しい』サムナンさんに、笑顔が広がります。

乾季になる11月から伝統衣装の注文も入れば、さらに収入の向上が期待できそうです。

きちんとした機会が与えられれば、誰もが輝くことができる

■技術訓練で貧困から這い上がるチャンスを

伝統衣装の製作技術を教えたのは、テラ・ルネッサンスの現地スタッフで、地雷被害者でもあるサムリット・ラウ。

彼女も伝統衣装の訓練を受けに通っていたときには、たとえ日曜日でも、『自分が技術がなければ、教えられないから。』と勉強しに通っていました。

そして、村ではしっかり技術を勉強しないと、結局収入を稼ぐことができず、貧困から抜け出せないと、訓練生達にもハードワークする重要性を説いています。

貧しくても、片脚がなくても、きちんとした機会が与えられれば、人間は誰もが輝くことができることを自ら証明してくれています。

第8回頑張らないバドミントンチャリティーバドミントン大会にご参加下さった皆様、ありがとうございました。

第8回チャリティーバドミントン大会の様子はこちら>>